2016年8月28日日曜日

もし小早川隆景が長命であれば

小早川隆景は1533年に毛利元就の三男として生まれた。やがて中国地方の太守となる元就であるが、当時は大内家に属する国人の一人に過ぎず、隆景は人質として幼少期を山口で過ごした。元就の養子政策の一環として、隆景は1544年に竹原小早川家の養子に入り、1550年には本家である沼田小早川家の家督を継承する。この家督継承には主君である大内義隆の意向も働いていたとされ、義隆に気に入られていた隆景は若年にして桓武平氏の名門である小早川家の棟梁となる。小早川家は瀬戸内海において水軍を束ねていた一族の一つであり、小早川水軍を率いる隆景は元就の下で戦功を重ねていく。

1571年に元就が没すると、隆景は甥である毛利輝元の補佐役となり、兄の吉川元春と共に毛利の両川と称された。元春が毛利家の軍事を担当したのに対し、隆景は水軍の情報収集力を活かして主に毛利家の外交を担った。1570年代の後半になると信長の中国侵攻によって毛利家は窮地に陥るが、山陽方面の司令官として秀吉と渡り合ったのが隆景であった。宇喜多直家の離反後は窮地に立たされ、ついに織田家に対する領国の大幅な割譲を強いられることになったが、明智光秀の謀反によって九死に一生を得た。

信長の後継者として秀吉が台頭すると、隆景は秀吉に一早く接近して、毛利家は秀吉の傘下に入ることとなった。秀吉は隆景を高く評価し、四国征伐の後には隆景に伊予一国を与えて独立した大名として扱った。九州征伐の後には筑前と筑後を与え、豊臣秀俊の養父になると輝元と同列の五大老に加えた。九州征伐の陣中に元春が亡くなったため、隆景は1597年に没するまで毛利家を事実上統率する人物であった。西国は小早川隆景に任せれば全て安泰であると秀吉から評価され、家康に対抗できる唯一の人物と見られていた。秀吉は凡庸な輝元よりも隆景を毛利家の指導者と見なしていたが、その背景には輝元への不信もあっただろう。輝元は柴田勝家、徳川家康と連携して秀吉包囲網を構築しようとしたことがあり、秀吉と軍事衝突を起こす危険性もあった。毛利家が存続を果たしたのは隆景が秀吉との友好関係を保ち続けたためであり、秀吉には隆景に毛利家の領国を継承させる構想もあっただろう。

毛利家は石見銀山と瀬戸内海の水運に影響力を持ち、莫大な運上銀によって表高以上の国力を有していた。毛利は京都まで銀で橋を架け、徳川は京都まで米で道を敷くことができると言われたように、毛利家は徳川家に対抗可能な唯一の大名家であった。五大老を定めた秀吉は政権の均衡を維持するため、家康に対抗し得る存在として前田利家を優遇した。しかし、当初は家康に次ぐ石高を有する輝元と隆景の両名がその位置にあり、隆景が急死したために秀吉は死後の政権構想を練り直さなければならなかった。もし隆景が毛利家の指導者として長命を保っていれば、秀吉死後の豊臣政権において家康と互角に渡り合うこともできたのではないか。家康は福島正則や黒田長政といった武断派に接近していたが、隆景は石田三成や小西行長といった吏僚派に近かった。家康と隆景が豊臣政権の派閥闘争を背景に覇権競争を繰り広げるのは間違いない。

島津忠恒による伊集院忠棟の謀殺事件は戦争の引き金になるかもしれない。庄内の乱に発展する事件であるが、この事件の黒幕は家康と親交の深い島津義久であったとされる。九州統一目前まで迫ったことのある島津家の脅威を排除するため、薩摩征伐は隆景にとって選択肢の一つとなるだろう。薩摩征伐によって上方では軍事的空白が生まれ、隙を突いて挙兵した家康が大坂城を占拠する展開が予想される。史実における会津征伐と反対の展開であり、九州から帰還した隆景と家康が決戦に至り、勝利した方が次の天下人となるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿