2016年7月23日土曜日

冴えない彼女の育てかた10巻 感想

冴えない彼女の育てかた (10) (ファンタジア文庫)
丸戸 史明
KADOKAWA/富士見書房 (2016-07-20)
売り上げランキング: 27
8巻の加藤、9巻の英梨々に続き、10巻の表紙は詩羽先輩。すっかり過去の人となってしまった感のある詩羽先輩だが、今巻では久々にメインを張っていた。主な内容としては紅坂朱音に叩きのめされた詩羽先輩が初めて倫也に弱音を吐き、その様子を見てショックを受けた倫也が詩羽先輩の復活を願って、「ぼくのかんがえたさいきょうのうたはせんぱい」(詩羽先輩ルート)を製作するというストーリー。倫也が神と崇める天才クリエイターの詩羽先輩が挫折する姿は衝撃的であったが、倫也のシナリオが励みになったのか、最後は壁を乗り越えてクリエイターとして更なる成長を遂げる。紅坂朱音に認められるシナリオを書いたことで、詩羽先輩も英梨々と並ぶ天才クリエイターの道を歩み始めた。

詩羽先輩の可愛さが詰まった良作だったので、詩羽先輩ファンにとっては非常に満足のいく内容だったのではないか。普段は知的で大人びているのに、実は子供っぽい可愛さに溢れているところが良い。詩羽先輩が倫也のシナリオを読んでいくときのシーンが非常に可愛くて10巻のクライマックスだった。

「じゃ、じゃあ……シャンパンを……っ」

ただし、個人的には挿絵にあるような楽しい合宿回を期待していただけに、合宿の描写が合宿先に向かう新幹線の車内だけでほとんど終わるという前代未聞の試みは残念だった。最初は沖縄に行くという話が何故か伊豆に変更になり、まぁ伊豆でも良いかと思っていたら、海も温泉もその他諸々のイベント描写もないままに、紅坂朱音の襲来によって合宿回が終わってしまうという悲惨な結果だった。詩羽先輩と英梨々が帰った後も充実したサークル合宿は行われたようなので、FDかGirls Sideでの補完を是非お願いしたい。新生blessing softwareも和気あいあいとした雰囲気が大分出来上がってきたので、英梨々と詩羽先輩の二大ヒロインがいなくても十分に面白いと思う。特に第二部に入ってからの出海は中々にキャラの魅力が出てきているので、そろそろメイン回を出して欲しい。

合宿が終業式直後に始まっているため、次回もまだ夏休み編が続きそう。秋から冬にかけての季節は丸戸史明のシリアス展開待ったなしなので、夏の間に加藤と交流を深めていくのではないかと予想。じゃないとメインヒロインである叶巡璃ルートが書けなくなってしまう。合宿回で恋愛方面に何か動きがあるのではないかと予想していただけに、ここから倫也がどうやって加藤との仲を深めていくのかが気になる。

0 件のコメント:

コメントを投稿