2016年6月30日木曜日

ラブライブ!サンシャイン!! Guilty Kissメンバーに関する考察

夏アニメ覇権候補筆頭であるラブライブ!サンシャイン!!の展開を予想してみる。ラブライブでも神田明神や秋葉原が舞台として度々登場していたが、それ以上にラブライブ!サンシャイン!!からは地域性が強く感じられる。PVやドラマCDにおいて静岡県沼津市内浦が作品の舞台として強くPRされており、Aqoursのキャラクター設定も地域を意識したものとなっている。主人公の高海千歌は実家が旅館を経営しており、幼馴染の松浦果南も実家がダイビングショップである。クラスメイトの渡辺曜は父がフェリーの船長をしている。この3人が穂乃果、海未、ことり的な立場の初期メンバーであると思われるが、いかにも海辺の町という設定である。さらに生徒会長の黒澤ダイヤと妹のルビィは旧網元の名家出身で、ルビィの親友である国木田花丸も地元で代々続く寺の娘である。こちらも地方の田舎町といった雰囲気を感じさせる。

PVでみかん畑が出てきたり、富士山を背景にした海辺のイラストが描かれたり、ドラマCDで地元の水族館に行ったりと、やたらに内浦という地域が強調されているのが本作品である。タイトルにサンシャインと付いていることもあり、明るい海辺の町で繰り広げられるスクールアイドルの日常を描く作品となりそう。しかし、気になるのはメンバーに余所者が混じっていることである。余所者の代表がμ'sの音ノ木坂学院から転校してくる桜内梨子である。1stシングルのPVで千歌と一緒にセンターにいることから千歌に次ぐメインキャラクターであることが分かるが、一人だけ音ノ木坂学院の制服を着ていたりと、前の6人に比べると随分異色な存在である。また、イタリア系アメリカ人の父を持つハーフである小原鞠莉は実家がホテルチェーンを経営しており、PVで小原家が果南から敵視されていたことを考えると地元との関係は良くないようである。最後に津島善子はメンバー紹介のページにわざわざ「都会の沼津出身」と記載があり、内浦の地元メンバーとは一線を画す存在であることが分かる。

実は余所者の3人には同じユニットGuilty Kissに属するという共通点もあり、この3人はあえて余所者という設定にされたのではないかと考える。Aqoursのメンバーが通う浦の星女学院は既に廃校が決まっており、その原因は他の多くの田舎町と同様に内浦が経済的に衰退し、人口減少に直面しているためと思われる。μ'sは廃校阻止を目的にスクールアイドルを始めたが、その目標は話題づくりによって入学希望者を増やすためであった。Aqoursの場合、廃校を阻止するためには学校の前に地域を活性化させる必要がある。そう考えるとAqoursはスクールアイドル活動による話題づくりを契機に、内浦周辺地域の観光振興を行うことが使命なのではないかと感じられてくる。地元メンバーと余所者メンバーが交流を深め、それぞれの知見を活かしていくことで地域活性化に取り組んでいくのがラブライブ!サンシャイン!!のテーマになるのではないかと思われる。

1stシングルのPVでは小原鞠莉が最後のメンバーになるシーンが描写されている。小原家のホテルチェーンをめぐって地域問題が発生するが、Aqoursの活躍によって地元と小原家が和解して、共に地域活性化に努めていくような展開が考えられる。このときにキーマンとなるのが小原鞠莉と、鞠莉を誘った千歌となるのではないか。さらにPVで一人だけ音ノ木坂学院の制服を着ていた梨子はラブライブ1期最後のことり的ポジションになりそう。梨子は千歌の誘いを受けて転入早々にメンバーに加わりそうだが、千歌と並ぶメインキャラクターであることを考えるとストーリーのラストにおいて本当に仲間に加わるような展開ではないか。

0 件のコメント:

コメントを投稿