2016年1月30日土曜日

民族舞踊研究会について

大学には得体の知れないサークルがいくつも存在する。民族舞踊研究会もその一つである。なかなかマイナーなサークルだと思うが、民族舞踊サークルのある大学は意外と多い。首都圏では東京大学、お茶の水女子大学の他に、千葉大学、千葉工業大学、慶應義塾大学、東京女子大学、学習院大学、中央大学などに民族舞踊研究会が存在する。地方でも京都大学、九州大学などに民族舞踊研究会が存在するようである。研究会という名称なので、各地の民族舞踊について成り立ちや歴史などを研究する文化系のサークルのように思われがちだが、活動内容の大半は実際に民族舞踊を踊ることである。

民族舞踊は日本の阿波踊り、スペインのフラメンコなど世界各地に存在するが、大学の民族舞踊サークルでは主に東ヨーロッパの民族舞踊が扱われることが多い。具体的な国名を挙げると、ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、ロシアなどである。後進的な地域の方が民族舞踊などの伝統文化が残っているためか、同じヨーロッパでもフランスやドイツなど西ヨーロッパの民族舞踊を扱う機会は少ない。ヨーロッパの民族舞踊ということで、メルヘンな雰囲気を期待してサークルに興味を持つ新入生が多いかもしれない。可愛らしい民族衣装を着て、木漏れ日の下で和やかに踊る。そんなヨーロッパの絵本の中みたいな世界に憧れている人は少なくないだろう。男だと少し珍しい気もするけど。

ただし、ヨーロッパ人だからこそ民族衣装が映えるのであり、ヨーロッパの美しい街並みや自然を背景にしているからこそ民族舞踊はメルヘンチックなのである。日本人が運動着を着て、ホールや体育館などで汗まみれになりながら踊っている姿はビジュアル的には民族舞踊のイメージの正反対に位置するものかもしれない。それでも当初のイメージとは異なっていたが、活動に参加する内に次第と民族舞踊を好きになっていく人は多い。最初は人前で踊ることに抵抗を感じるかもしれないが、慣れれば踊ることは楽しいものである。また、国によって音楽や踊りに個性があるため、自分の好きな国を一つは見つけられるようになる。ヴァイオリンの旋律と激しい動きが特徴のハンガリーが個人的には好きである。


民族舞踊研究会はマイナーなサークルであるが故に、少ない人数で活動している場合がほとんどである。活動は週2日~3日、1日の活動時間は2時間~3時間といったところだと思う。学園祭などで発表する場もあるため、発表の前は活動時間も長くなる。上級生になれば下級生に踊りを教えるために、サークルに注ぎ込む時間はさらに多くなるだろう。少人数で長い時間を共有するため、メンバーの仲は自然と親密なものになる。入ったことはないが、テニスやサッカーといった大所帯のサークルとは全く異なる雰囲気があるような気がする。一年間も活動すれば非常に居心地の良い空間となるだろう。

あらゆる民族舞踊の起源は農耕社会の祭にある。祭は豊作への感謝と祈りを込めて神々や祖先を祭る行為で、現在は形骸化して何だか退屈な古くさいものとなっているが、ほとんどの人々が農業に従事していた過去の歴史においては、人々が労働から解放されて娯楽に興じることができる年に数度しかない機会であった。農村には農具と家畜の他には何もないかもしれないが、歌と踊りだけは楽しむことができた。そこで踊りは祭の中心となった。踊りは人々の交流を生み出し、時に異性との交流の場ともなった。農業は大勢の人々が協力して仕事をする必要があるため、人々の仲を深める機会である祭と踊りは農耕社会において重要な役割を果たしていた。民族舞踊サークルは当初抱いていた民族舞踊のメルヘンなイメージとは離れたものであったが、踊りを通じて時間を共有する中でメンバーとの確かな絆を生み出すことができたという点で民族舞踊の本質を十分に体験したのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿