2015年7月30日木曜日

網地島旅行記録

東北で有数の透明度を誇る海水浴場という噂を聞きつけ、網地白浜海水浴場に行ってみた。網地白浜海水浴場は牡鹿半島の南沖に浮かぶ網地島に位置し、石巻港からフェリーで1時間。仙台から網地島まで片道3時間近くはかかったが、網地白浜にはそれだけの価値があったと思う。




離島なのにこの賑わい。そして海の透明度の高さ。宮城県の石垣島という噂もあながち間違いではなかった。岩手県の浄土ヶ浜も海の透明度が高かったが、浄土ヶ浜以上の透明度かもしれない。宮城県では網地白浜が透明度ナンバーワンかと思われる。日曜日とはいえ、人口500人にも満たないこの島にこれだけの数の人が押し寄せるのは、やはり海の透明度の高さに起因しているのだろう。フェリーは本数が少なく、行きも帰りも定員に近い数の乗客がいた。

ちなみに仙台から石巻までは仙石線の快速を使えば1時間かからずに到着する。フェリーも含めて片道2時間、2000円程で網地白浜の美しい海を見ることができる。海水浴場としては手狭だが、防波堤に区切られているため波を心配せずに遊ぶことができる。夏季は海の家もオープンしているみたいで、シャワーが無料で使えるのもありがたい。

近くには猫の島の異名を持つ田代島があり、ここも石巻港からフェリー網島ラインで行くことができる。次は田代島にも行ってみたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿