2015年3月22日日曜日

冴えない彼女の育てかた考察 タイトルのダブルミーニングと英梨々エンドの可能性

冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)
丸戸 史明
KADOKAWA/富士見書房 (2015-02-20)
売り上げランキング: 19,710

7巻で英梨々と詩羽先輩が脱退してしまったblessing softwareだが、ラストで出海ちゃんが豊ヶ崎学園に入学してきたので、英梨々の跡を継ぐイラストレーターは出海ちゃんで決まりだろう。一方、詩羽先輩の跡を継ぐシナリオライターは倫也になるのではないか。冬コミでは詩羽先輩と共同で執筆して、その実力も一応認められている。詩羽ファンの英梨々に詩羽シナリオよりも好きだと言わせているし、これまでもシナリオに口を出す場面が多い印象を受けるので、倫也もシナリオライターとしてクリエイターの仲間入りをしそう。倫也は冬コミにおいてプロデューサーとして失敗しているので、rouge en rougeを抜けた伊織の力も借りながら、プロデューサーとシナリオライターを兼任するようになるのではないか。新体制で次の冬コミを目指してゲームを創るのが第二部となるだろう。

第二部の予想に入る前に、以前から気になっていたのは、タイトルの読み方が二通りあることである。「冴えないヒロインの育てかた」と「冴えないカノジョの育てかた」である。冴えないヒロインは加藤を指しているが、冴えないカノジョとは英梨々のことを指しているのではないかというのが持論である。加藤はヒロインとしては冴えていないが、倫也への付き合いの良さやデートシーンなどを見るとカノジョとしては冴えているように思う。一方、英梨々はヒロインとしてはこれ以上ないくらい冴えているのに、カノジョとしての冴えなさはピカイチのポンコツヒロインである。しかし、英梨々は6巻から7巻にかけて、急速にカノジョとしての成長を見せている。冴えない彼女の育てかたは、加藤がヒロインとして成長する一方で、英梨々もカノジョとして成長していく物語ではないか。1巻の表紙が英梨々であることも単なる噛ませではなく、英梨々が加藤と並ぶメインヒロインになる伏線のように思われる。

Girls Sideを読んで詩羽先輩の優しさにすっかり魅了されてしまったが、残念ながら詩羽先輩は倫也をめぐる正妻戦争からは一歩身を引いてしまった感がある。三人のメインヒロインの中で、倫也から唯一恋愛対象として見られていないのが詩羽先輩である。加藤は出会いの時点から倫也に惚れられているし、英梨々は初恋の相手で6巻から7巻にかけて再び意識され始めているが、詩羽先輩は憧れの作家どまりである。8巻以降の展開であるが、加藤、英梨々、倫也の三角関係が物語の主軸になると予想する。筆者は純然たる加藤派なのだが、加藤ルート一直線では物語として面白くならないため、恋するメトロノームやWHITE ALBUM2のような三角関係の展開になっていくのではないかと予想する。本命は加藤エンドだが、英梨々エンドの可能性も十分に有り得る。

出海ちゃんと美智留はこれから巻き返してくるとは思えない。そもそもあの二人はそこまで倫也に対してこだわりはないのではないかと思う。英梨々が高校三年のクラス分けで倫也と同じクラスになっているのも気になるし、8巻から始まる第二部ではサークル活動で倫也が加藤との仲を深めていく一方、英梨々との関係も進展しそう。そして三人の関係は次第に…的な。丸戸史明の作品なので単純な加藤エンドという王道展開にはならないように思うし、脱退した英梨々がヒロイン力を発揮する意外な展開も考えられる。

Girls Sideは扉絵の詩羽先輩が素敵。最近は母性を感じる。いつの間にか面倒見の良いお姉さんポジションになっていて、英梨々×詩羽先輩が実は冴えカノで一番のカップリングなのではないかと思われてくる。アニメの売上は1万枚と好調なようなので、是非2期をやってGirls Sideまでアニメ化して欲しい。クリエイターへの憧れを思い出させてくれた個人的大ヒット作。

0 件のコメント:

コメントを投稿