2015年1月1日木曜日

2014年アニメランキング

1位 ニセコイ
偽物の恋人関係に振り回される学園ラブコメ作品。ヤクザの息子である一条楽はクラスメイトの小野寺小咲のことが好きであるが、町にやってきたマフィアとの抗争を防ぐため、マフィアの娘である桐崎千棘と偽物の恋人関係を演じることになる。楽と千棘は初めこそ仲が悪かったものの、一緒の時間を過ごす間に仲を深めていく。楽には10年前に結婚を約束した女の子がいて、楽が持つ錠のペアになる鍵を持っているはずであったが、何故か千棘と小咲の二人とも鍵を持っていた。そして第三のヒロイン橘万里花も鍵を持っており、鍵の謎は深まっていく。

この作品には主要なヒロインが3人登場するが、いずれも人気のヒロインでとにかくキャラクターに恵まれている。設定と展開は非常にありふれているが、王道で分かりやすいストーリーが逆にヒロインの魅力を存分に引き出す効果を発揮していると思う。千棘が楽を好きになるまでがニセコイの一つのピークだと思うので、アニメのストーリー編成にも文句なし。10年前に楽が結婚の約束を交わした女の子の正体と、ヒロインたちが持つ鍵の謎が文字通りこの作品の鍵であり、日常系のストーリーに流れを生み出している。今後の展開が気になる作品。

2位 ラブライブ!2nd Season
スクールアイドルの成長を描いた青春作品。一度はラブライブ出場を諦めたμ'sの9人であったが、穂乃果の復活によってμ'sは再びラブライブ出場を目指す。スクールアイドルの活動は個性的な彼女たちを大きく成長させ、9人の間に確かな絆を生み出していく。そして順調に大会を勝ち進んでいったμ'sであったが、3年生の卒業を目前にして彼女たちは大きな決断を下す…。

最初はそれほど好きな作品ではなかったはずなのに、ラスト3話くらいから一気に引き込まれた。海からの帰りのシーンは泣ける。そして最後まで見終わった後に、もう一度1期から見返したら神アニメだったという作品。笑えて、萌えて、泣けて、確かに覇権になるだけのことはある。推しメンや好きなカップリングが生まれやすいのも強みか。個人的には海未×ことり推し。

3位 ご注文はうさぎですか?
木組みの家と石畳の街で繰り広げられる喫茶店を舞台にした日常系作品。高校入学を機に憧れの街に引っ越すことになったココアは喫茶店ラビットハウスに下宿することになる。ココアはラビットハウスの一人娘チノの自称姉として、チノと一緒にラビットハウスで働く。ラビットハウスのもう一人の店員であるリゼ、和風喫茶甘兎庵の看板娘である千夜、千夜の幼馴染であるシャロとの出会いもあり、喫茶店を舞台に5人は楽しい毎日を過ごす。

この作品はゆるゆり、のんのんびより、きんいろモザイクと同列に語られる日常系作品の代表格となった。日常系作品はコメディと萌えという二つの要素(+ときどき百合)から成り立つが、ごちうさは萌えに特化した作品である。ニセコイ同様キャラクターに恵まれた作品で、メインキャラクター5人はいずれも人気が高い。背景がフランスのアルザス地方を思わせるような美しさで、ヨーロッパ好きとしてもポイントが高い。どこまでも綺麗で理想的な世界が一週間の疲れを癒してくれる。この作品は社会人にこそ相応しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿